歯周病と歯磨き粉

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病の予防歯周病と歯磨き粉

歯周病と歯磨き粉

歯磨き粉の効果

歯磨き粉の成分には、主に研磨剤・発泡剤・香料が使われています。こうした成分表示を見て、どんな歯磨き粉なのか判断できるようになると良いでしょう。
歯磨き粉には、虫歯の予防や進行の抑制、歯肉炎・歯周病の予防、歯石の予防、口臭の予防、歯を白くする、歯がしみるのを防ぐ、などの効果があります。


スポンサードリンク

歯磨き粉の成分

まず、研磨剤の説明です。ホワイトニング効果のある歯磨き粉というのは、研磨剤を使って歯のエナメル質を削って白くします。
そのため、研磨剤の入った歯磨き粉で長時間ブラッシングするのは勧められていません。プラークを取り除く役割もあります。
発泡剤は歯磨き粉が泡立つ成分です。発泡剤によって歯に歯磨き粉を行き渡らせます。
そして香味料ですが、フレーバー歯磨き粉というのもあるほどたくさんの香りがあります。
子供用の歯磨き粉に甘い香味料が使われていますね。さわやかな香りが楽しめますが、泡や香りに気を取られて、しっかり磨けていないこともよくありますので、注意しましょう。

歯磨き粉の注意

歯磨き粉を使うことで口の中に爽快感が広がり歯ブラシが丁寧でなくなる傾向があり、注意が必要です。
しかしせっかくブラッシングするならフッ素の配合されている歯磨き粉を使うと、歯ブラシのプラーク除去効果と、フッ素の歯質強化で効果が上がります。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .