歯周病予防のブラッシング

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病の予防歯周病予防のブラッシング

歯周病予防のブラッシング

歯磨きとブラッシングの目的

歯磨きとは、歯ブラシのブラシ繊維に歯磨き粉を付けてブラッシングを行うことによって歯垢を除去することです。
きれいに歯垢を除去できれば歯周病を予防することができます。
歯磨きをする際に、歯磨き粉に含まれている発泡剤や香料によって、歯磨きが自体が不充分であっても、
何となくキレイになったような気分になることがありますので、注意する必要があります。


スポンサードリンク

歯ブラシの選び方

ハブラシのヘッドの大きさは 小型なものの方が良いです。小回りがきいて磨きやすいからです。
毛の硬さは 普通の硬さのナイロン毛が最適です。硬い毛は 歯や歯肉を 傷つけることがあります。
歯肉の炎症が強い場合は最初は柔らかめのものを使用し、炎症が治まってきたら普通のものに代えるようにしましょう。

歯ブラシの持ち方

ハブラシをしっかり持ってしまうと、奥歯まで磨けません。
また、強い力でゴシゴシすれば、毛先は倒れてしまい、歯垢がとれません。
更に、歯ぐきや歯の根を傷つけてしまい、そこから歯周病にもなりかねないので気をつけましょう。

歯磨きは鏡を見ながら。

お化粧をする時に鏡を見るように、歯磨きをする時も、自分の歯の状態を見ながら磨きましょう。
歯は平べったい板ではなく、丸くなって歯ブラシのあたりにくい所や、くちびるにおおわれてブラシが届かない所などがあります。
鏡を見ながら歯垢が溜まりやすいポイントをしっかりブラッシングしましょう。
特に、歯と歯ぐきの間や歯と歯の間は、漠然と磨いても毛先はあたらず、歯垢は落とせません。

小刻みに磨きましょう。

多くの人が、ブラシを動かす距離が長すぎます。距離は5mm程度(歯1本分くらいの幅)の細かい往復運動が一番歯垢がとれやすいのです。
いっぺんにみがこうとして、大きく動かしても結局はダメで、かえって手間もかかり、
効果も上がらず、時間もムダになってしまいます。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .