歯周病の治療

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病の治療歯周病の治療

歯周病の治療

初診は検査を行います。

歯周病の治療は、まず診査を行い、歯周病の実態をつかむことから始まります。
原因を明確にし除去していく原因除去療法が基本です。
初診時には、プラークの付着状態やポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、歯の動揺、歯肉の炎症状態、咬合状態などを診査します。
そして診査結果と処置内容を話し、治療に対し理解と同意が得られた場合は治療を開始します。


スポンサードリンク

応急処置とスケーリング

歯肉が腫れている場合の切開、排膿、かみ合わせの調整、投薬などです。応急処置は必要な場合にのみ行います。
そして歯肉縁上の歯石を除去します。これをスケーリングと言います。
歯肉縁上歯石を取り終え、次回の診察時に歯肉がどの程度健康を取り戻しているか検査します。その結果が良好であれば、歯周治療はメインテナンスに移行します。
しかし、予測した効果が得られなかったときは治療法について再検討します。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

歯肉縁下に歯石が存在するため炎症が改善しない場合、スケーリング・ルートプレーニング(SRP)を行います。
スケーリング・ルートプレーニング(SRP)とは、局所麻酔を行い、歯肉縁下の歯石を除去し、
プラークや歯石によって汚染された病的なセメント質を除去して、歯根の表面を滑沢に仕上げる治療法です。
次回の診察時に、一回目の再評価検査時に良好な結果が得られなかった部位の、改善状況を確認します。
予測した結果が得られないときは、歯周外科手術を行います。

歯周外科手術

これまでの治療で治りきらなかった部位に対し、歯周外科手術を行います。
病気の原因が目で確かめられるよう、歯肉を切って歯槽骨からはがし、
根の先の方や、根と根の間にこびりついて取れなかった歯石を除去し、滑沢にします。
悪いところを直接目で見て徹底的に取り除くのです。
歯周外科手術はこの他にもさまざまな術式があり、症状に応じて使い分けられます。
しかし、どんなに新しい治療法を用いても、手遅れの歯周病は治療できません。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .