歯周病の専門医

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病の治療歯周病の専門医

歯周病の専門医

「8020運動」と現状

厚生労働省、および日本歯科医師会では、80歳で20本の歯を保つことを目標とした「8020運動」を提唱しています。
しかし定期的に行っている歯科疾患実態調査では、80歳の一人あたりの平均残存歯数は約8本であり、
達成すべき目標とは大きな隔たりがあります。


スポンサードリンク

歯を失う原因

歯を失う原因は、虫歯と歯周病によるものが9割以上を占めていますが、多くの人が歯周病で歯を失っているのが現状です。
歯周病の治療は歯科領域の他科より比較的新しい分野であり、治療内容も複雑です。
そのため、歯周病に対する的確な診査、診断、治療のおこなえる歯科医師は今のところ残念ながら小数に限られています。

日本歯周病学会認定医とは?

日本歯周病学会では、一定の臨床経験と、知識などを試験し、
合格者に対して、「日本歯周病学会認定医」という資格を授与しています。
この認定医の治療を受ける事が現在、的確な歯周治療をうける一番の近道です。
歯科医療に最前線に立ち、歯周病に取り組む歯科医師は、患者さんに歯周病治療への積極的な参加を呼びかけています。

歯科医師を目指すために

歯科医師を目指すためには通常は、大学の歯学部や歯学大学を卒業してから、歯科医師国家試験に合格し、実務研修を経験した後にようやくなれるという道のりです。
そのためには歯学部にまず入らなければなりませんが、学費の関係もあって私立よりも国立に人気が集中しています。特に国公立の歯学部は倍率も高く難関です。そのため、希望の学校に合格するためには歯学部にも特化している予備校で効率よく学力を身につけることがお勧めです。
一生を左右する大事な試験ですから万全の準備で臨みたいですね。

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .