歯周病内科の検査と治療

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病の治療歯周病内科の検査と治療

歯周病内科の検査と治療

顕微鏡検査

一口に歯周病菌といっても、数え切れない種類の菌が存在します。患者さんの口の中にどのような歯周病菌が存在し、菌の状態(種類、数、活動性)をチェックします。
歯周病内科の治療は歯磨き指導と歯石を除去したりする歯の周りの掃除がどこの歯科医院でも行われている基本的な治療です。
歯周内科治療では、お口の中の菌の状態を確認することにより、
善玉菌はそのままにし、悪玉菌だけをお薬を使い、除菌します。もちろん痛みはありません。


スポンサードリンク

定期検診

歯周内科による投薬治療で、ほとんどの歯周病菌は死滅します。
しかし歯周病菌が再び感染する可能性と日々の歯磨きで磨き切れていない部分には歯垢や歯石が付着していきます。
お口の中を良い状態で維持していくためには必ず定期的な検査をする必要があります。詳しくは担当医に相談しましょう。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .