歯周病とインプラント

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病の治療歯周病とインプラント

歯周病とインプラント

インプラント手術の前に

歯周病を患っている方は、インプラント治療を始める前に徹底した歯周病治療が必要となります。
歯周病の治療は時間のかかる根気の必要な治療です。
しかしインプラント手術を安全に行うため、またインプラントを長い期間健康に機能させるためには必要不可欠な術前治療です。


スポンサードリンク

インプラント前の処置1

1、歯周病に対しての検査を行ないます。
プロービングと言って歯周ポケットの状態の精査します。歯周病治療の始まりです。通常1時間程度の治療時間が必要です。
2、歯石の除去を行ないます。歯石の沈着度合いによって異なります。この時点て平行して、歯ブラシの方法のトレーニングを行ないます。1〜3時間程度の治療時間が必要です。

インプラント前の処置2

3、歯周病の進行程度がある程度進んでいる方は、
ルートプレーニングといって、麻酔をした状態で歯周ぽケットのより深い部位までの歯石の除去を行ない同時に歯の根の表面の掃除を行います。
引き続き歯ブラシの方法のトレーニングと行います進行の程度により6〜10時間の治療時間が必要となります。
4、不適合の被せ物がある場合は被せ物を除去し適合の良い仮の歯に被せ直します。この治療は本数によりますが1本につき1〜2時間の治療時間が必要止まります。

インプラント前の最終検査

5、さらに歯周病が進行している方は外科的な歯周ポケットの除去が必要です。
この歯周外科手術には一回2時間程度が必要です。
一連の治療が終了した後は、インプラント治療が安全に行う事ができるか否か検査を行い、
問題のある場合は、再び適切な治療を行い経過を観察していきます。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .