歯周病の原因

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病について歯周病の原因

歯周病の原因

最大の原因は歯垢

歯周病(歯槽膿漏)のもっとも大きな原因は食べカスによる、プラーク(歯垢)です。
食べカスには栄養分がたっぷり含まれているので、細菌にとっては恰好の栄養源になり、急激に増殖します。
特に、入れ歯や詰め物などの跡は歯の形が悪く、磨き残しが多く見られます。
また、歯肉の形態がデコボコしていたり、歯と歯肉の境目がくぼんでいたりしても、食べカスはたまりやすくなります。

歯垢と歯周ポケット

歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が、歯肉と歯の根の間のポケットの中に侵入して行き、
その中で繁殖をくりかえすことによって、歯周病を進行させていきます。
進行すると大きな歯周ポケットができてしまい、この深部には酸素を必要としない嫌気性菌という毒性の強い菌が棲むようになり、
この作用によって更なる歯槽骨の吸収が進む、という悪循環に陥ってしまいます。


スポンサードリンク

生活習慣病的要因 タバコ

歯周病は、生活習慣病的要因によっても起こると考えられます。例えば、タバコです。
タバコを吸っていると局所の血の巡りが悪くなります。栄養が十分にいきわたらなくなります。
そして細胞の自己修復機能が狂い免疫系に影響を及ぼします。
また喫煙期間が長くなると、色も自然なピンクから黒っぽく変わってくるため見たもの炎症が隠されてしまい、
気づくのが遅れてしまいがちになります。

糖尿病などの全身疾患

循環器疾患、高血圧、糖尿病などの全身性疾患が歯周病の原因になることがあります。
特に糖尿病は、細菌感染しやすくなるため歯周病も進行しやすくなります。血糖値や糖化へモグロビン値の高い方は要注意です。
また服用している薬、あるいはアレルギーやビタミン欠乏などもこの因子とみられます。

遺伝やストレス

遺伝的要因、具体的には両親が早くから歯を失った、また兄弟に歯周病を患ってる人がいる方は要注意です。
また10代、20代なのにたびたび歯茎がはれるという方も要注意です。
また、現代人とは切っても切れないストレス。過度のストレスは免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることが報告されています。
特に睡眠時の歯ぎしりやくいしばりは歯周組織に過度の力を与え歯周病の進行を促進させることがあります。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .