歯周病と全身疾患

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病について歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病の全身への影響

歯周病の原因となる細菌は、全身に影響があると言われています。
歯周病の治療を通し、口腔内の細菌をコントロールすることにより、
肺炎・糖尿病・心疾患・低体重児出産などの病気を未然に防ぐことが可能な場合があります。


スポンサードリンク

口腔内の病気

口腔内の病気といって真っ先に思い浮かぶのが虫歯です。しかしそれだけではありません。
歯周病という病気も見落としてはいけません。歯周病には歯肉炎と歯周炎があり、歯茎の出血や、歯肉の炎症、腫れなどの症状を引き起こします。
ひどくなるとうみが出て、歯が抜けてしまうこともあるのです。

歯周病と心血管系疾患や呼吸器系疾患、糖尿病との関係

ある報告によると、歯周病は歯や歯茎をむしばむだけではなく、
心血管系疾患や呼吸器系疾患、糖尿病、骨粗しょう症など多くの全身疾患と関係があるとのことです。
歯周病は自覚症状がないまま進行し、発覚しづらい病気でもあります。
日本人の約80%が歯周病を含め、その予備軍であるとも言われています。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .