歯周病と日本歯周病学会

歯周病の予防や症状トップ > 歯周病について歯周病と日本歯周病学会

歯周病と日本歯周病学会

日本歯周病学会とは?

日本歯周病学会は、歯周病を克服することにより、自分の歯を1本でも多く残すことを目的に1957年に設立された学術団体です。
歯周病に関わる調査・研究を行っており、日本の歯科関連主要学会の一つです。
英語名は THE JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY と言います。
近接学術団体として、日本臨床歯周病学会がありますが、両方所属している学会員も多いのが実情です。こちらの学会は、より臨床現場に近い環境中での調査・研究をおこなっているようです。


スポンサードリンク

日本歯周病学会とその背景

日本が歴史上、経験したことの無いような高齢化社会を迎えた現在、
自分の歯で物を噛み、多くの人と楽しく会話をすることの重要性が、
歯科界はもちろん、一般社会においても強く認識されています。
このような背景をもとに、日本歯科医師会でも8020運動を通じて、健康な自分の歯を残存させ、全身の健康と快適な生活につながることを目指しています。

日本歯周病学会の活動内容

日本歯周病学会の主な活動の内容は、学会活動は、春季、秋季の2回の学術大会の開催、
年4回の機関誌の発行、さらには1998年よりスタートした臨床研修会があります。
その他、学会員は、多くの国際学会に演題を発表しており、社会保険制度の改訂にあたっては、
医療委員会を中心にガイドラインの作成等に積極的に協力を行うなど、
歯周疾患の調査、研究、歯科医師のスキルアップ、情報提供、歯科衛生士のスキルアップ、情報提供などです。

スポンサードリンク

歯周病について

歯周病の治療

歯周病の予防

リンク集

Copyright(c) 歯周病の予防や症状 All rights reserved .